フリーローン カードローン

フリーローンとカードローンの違いについて

フリーローンとカードローンの違いについて

フリーローンとカードローンはどちらも使途が自由な借入という事で
共通点も多い傾向にあります。
しかしこの両者にも若干の違いがあり、利用する際にはそれぞれの特徴を
しっかりと理解した上で目的にあった方を使うのが望ましいとされています。

借入した時の申込みに違いがある

まずフリーローンの場合は借入を行う際にその都度申込を行い
審査に通過する必要があります。これに対してカードローンの場合は
ある程度大きな借入限度額を定めて、いつでも借入可能なカードの発行を行います。
このカードの発行の際に申込を行い審査に通過する必要がありますが、
申込と審査は最初の1回だけで済みます。
審査に通ってカードが手元に届けば借入限度額の範囲内でいつでも
何回でも借入を行う事ができます。
具体的なやり方としては銀行やコンビニエンスストアなどにあるATMを利用して行います。

カードローンの方が便利な反面、使いすぎる傾向がある

フリーローンがその都度申込と審査が必要だという事から
カードローンの方が便利だとされる事も多いですが、
便利な反面で使い過ぎてしまう事も多いという特徴もあります。
また審査の基準も厳しめになります。
フリーローンであれば利用する時にその都度申し込む必要があるため、
使い過ぎてしまうという事は少なくなります。

またフリーローン審査の基準もそれほど厳しくはありません。
こうした特徴を考慮すると、使い過ぎが心配な人や年収額などにより
審査が厳しいと通過しない可能性がある人などの場合には、
フローローンを利用するのが望ましいとされています。